グループ研修の効果測定の仕方

アンケートやテストを行う

効果測定を行うことでグループワーク研修の目的が達成されたのかをチェックできます。参加者の反応を調べるためによく使われているのがアンケートです。全体の印象だけでなく、細かいセッションごとに調査していくのがポイントになってきます。主な項目として講師やスケジュール、具体的な感想を引き出せるような質問も入れたいところです。研修後にテストを行えば学習の定着度も確認できます。知識やスキルの習得を目指す場合にはぜひ取り入れておきたい方法です。研修後すぐに行うのはもちろん、3ヶ月後など一定の期間を過ぎてから行っても構いません。知識やスキルが研修前と比べてどのくらい上昇しているか、次の課題も見つかりやすくなるでしょう。

研修を受けていないグループと比べてみる

研修を受けないグループを作れば、比較対象となって効果も測定しやすくなります。次に研修を受ける人など、スケジュールを確認しながらグループを作ってみて下さい。小規模の企業では同じ研修を繰り返し行わないケースもあるので、参加者の選定など事前準備をしっかりしておきましょう。研修の参加者が多い場合には、平均的な人を抽出して効果を測定することも可能です。人をランダムに選ぶと異常値が出やすいため、なるべく平均的な人を選んでおきます。研修を受けていないグループと比べることで、参加者の変化も感じ取りやすくなるでしょう。人の行動は一定期間後に元に戻ることもあるので、効果測定は一度だけでなく繰り返し行っていくのもおすすめです。