研修をどのように実施すべきかで悩んでしまうことがよくあります。どんな形式にするとどのような効果を期待できるのでしょうか。効果測定の方法についても合わせて理解し、適切な研修を企画できるようになりましょう。

グループワーク研修

研修のやり方として近年のトレンドになっているのがグループ研修です。一人でやるよりも効果が高いと言われることもありますが、どのようなやり方をしたら良いのでしょうか。その効果についても詳しく理解しておきましょう。

グループ研修のやり方

グループ研修を行うとき、グループのメンバーの力関係は非常に大切な要素です。力関係とは単純な能力差だけではなく、社交性やイニシアチブを取りやすい人物かどうかなども含まれます。力関係が把握できていない…

Read more »

グループ研修を選ぶと得られる効果

近年、面接の選考方法にグループ研修を取り入れる企業が増えてきています。グループ研修は新入社員だけでなく社会人経験の豊富な社員にも有効な研修とされています。メリットとして大きいのはチームの中での自分…

Read more »

グループ研修の効果測定の仕方

効果測定を行うことでグループワーク研修の目的が達成されたのかをチェックできます。参加者の反応を調べるためによく使われているのがアンケートです。全体の印象だけでなく、細かいセッションごとに調査してい…

Read more »

eラーニング研修

eラーニング研修のやり方

eラーニングを導入した研修の方法としては主に二つの方法があります。一つは全ての工程においてeラーニングを実施するというものです。この方法では研修前における準備から研修の実施、終了後における復習など…

Read more »

eラーニング研修を選ぶと得られる効果

eラーニング研修は、IT化に伴い全国的に浸透しつつあり、様々な効果を狙って研修を実施する企業が増えています。たとえば、会計や英語、パソコンなどの学習ができるeラーニングの教材は、資格取得に向けた勉…

Read more »

>

新人研修で社会人に必要な基礎力を学ぶ

eラーニング研修の効果測定の仕方

eラーニング研修とは

eラーニング研修は、パソコンなどの端末を通じて自主学習をするために構築された教育システムです。一般的に、専用のウェブサイトにアクセスして教育を受けますが、その際にはインターネットもしくは、イントラネットに接続する必要があります。 eラーニング研修を実施するためには、教育コンテンツを用意します。コンテンツはかつてはテキストや画像のみでしたが、近年では動画や音声などが採用されることが多くなり、大規模コンテンツが扱われるようになりました。 また、eラーニング研修では、学習管理システムが導入されています。このシステムはコンテングの作成や修正・管理・学習進捗度の確認・教師からのアドバイスや採点するものです。

eラーニングの効果測定の仕方

eラーニング研修を導入した際には、効果測定をするのが大切です。その効果レベルは5ステージに分かれます。レベル1は受講者が反応したかどうかを見て、レベル2は受講者の学習レベルの測定、レベル3は受講者の行動レベルの測定、レベル4は結果を測定するレベルです。レベル5はレベル1からレベル4までの測定を発展させたレベルです。 具体的なレベルごとの測定について紹介すると、レベル1は受講者が楽しく研修を受けられたかが測定され、レベル2では受講者が知識やスキルを理解したかが測定されます。レベル3では学習内容を実行したかどうかの測定、レベル4は受講者のパフォーマンスに変化があったかどうかの測定、レベル5では研修を実施したことにより、会社の業績が上がったかが測定されます。