グループ研修を選ぶと得られる効果

グループ研修のメリットとデメリット

近年、面接の選考方法にグループ研修を取り入れる企業が増えてきています。グループ研修は新入社員だけでなく社会人経験の豊富な社員にも有効な研修とされています。メリットとして大きいのはチームの中での自分の活かし方を学べる点です。グループ研修では様々な課題が出されます。その課題をクリアしていくにはリーダーシップを取る人やリーダーをサポートするために裏方にまわる人など、個人の役割が求められます。課題をクリアしていく過程で自分の力を発揮してチームに貢献することを求められるので、自然と自分の活かし方を学ぶことができます。ただしデメリットもあります。遠慮がちな人がなかなかチームに入れなかったり、発言力の強い人の意見に流されてしまう傾向があります。

グループ研修を成功させるために必要なこと

まずグループ内で発言しやすい雰囲気を作ることが大切です。人は自分が受け入れられていると感じた時は積極的に発言や行動をすることができるからです。そして課題は短い時間で議論できることや、解決できる作業にしましょう。課題を何度もクリアしていくことでチーム内での自分を活かすスキルが向上していきますし、自分の得意な役割も理解できるようになります。また進行役などが各グループを見て周り、アドバイスなどでグループ研修がスムーズに行われるようにサポートすることも大切になってきます。そして最後に必ずフィードバックをすることが重要です。グループ研修の議論や作業は正しく行われたのか、自分の役割をチーム内で活かすことができたのかなど、振り返ることでチームや自分の課題を次に活かすことができるのです。